【現地ニュース】 2020年12月30日 西安地下鉄5号線、6号線(1期)、9号線が開通へ  
その他レポート プリント
顔真卿38歳時の真筆は初めて発見!
更新日:2020年12月01日

陝西省考古研究院の考古学者は最近、陝西省西咸新区の「秦漢新城」建設現場で大量の隋唐時期の墓を発掘した。

唐代の貴族の元氏家族の墓を含めて3つの墓が出土された。墓誌銘を通じて、墓の主人はそれぞれ唐代の貴族の「元大謙」、「羅婉順」夫婦と息子の「元不器」と甥の「元自覚」だと判断した。

これらの墓はかつて重大な盗掘に遭いたことがあるが、考古学者が墓の中で銅銭、埴輪、動物俑などの陶器、銀帯扣(銀の締め金、バックル)、葵口高足銀杯などの文化財を200点以上発見した。

最も考古学者を驚かせたのは、考古学者の研究によると、その中の「羅婉順」墓誌銘の書き手は、唐代の著名な書家顔真卿であった。

これは考古学発掘を経て現在唯一で発掘された顔真卿の初期の書跡の本物です。

顔真卿は琅玡臨沂(今山東臨沂市)に本籍を置き、紀元709年、京兆万年(今陝西省西安)に生まれ、唐代の有名な書道家と政治家です。顔真卿の性格は剛直で、一生にわたって唐の玄宗、粛宗、代宗、徳宗の4人の唐代皇帝を経験した。彼は権臣を恐れないで、一生に何度も大きな変化を経験した。顔真卿は書道が巧みで、行書や楷書が得意で、「顔体」の楷書を創立した。「顔体」は後世に大きな影響を与え、唐代の有名な書家柳公権と並び、「顔筋柳骨」とも呼ばれていた。

現在、中国国内の顔真卿の真跡は碑銘を主とし、現存する実体碑石は十数点しかなく、ほぼ顔真卿の晩年の作品が多い。陝西省碑林博物館には7つの顔真卿の本碑が所蔵されており、それぞれ「多宝塔碑」(44歳の作品)、「郭氏家廟碑」(56歳の作品)、「席争い帖」(56歳の作品)、「蔵懐恪碑」(60~63歳の作品)、「顔氏家廟碑」(72歳の作品)、「馬璘新廟碑」(71歳の作品)、「顔勤礼碑」(71歳の作品)です。

今回発見された墓誌銘は、顔真卿書跡の貴重品で、その書いた時期はまだ彼の書道のスタイルが完成していない時期であるはずで、中国書道史を研究することに非常に重要な意義があると専門家が説明された。

  • 秦始皇帝陵・兵馬俑坑
  • 嘉峪関1日観光
  • 華山へ行こう!専用車チャーター(日帰り!) ☆日本語ガイド付き☆
  • 西安咸陽国際空港送迎 ☆車のみガイド無し☆
  • 西安名物餃子宴ディナーと唐代宮廷歌舞ショー
  • 餃子名門店ディナーと唐代宮廷歌舞ショー
  • 西安城壁の上を自転車で走ろう !
  • 「長恨歌」唐代宮廷歌舞ショー観賞
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
全て表示
西安の旅行会社
西安新日国際旅行社 西安新日国際旅行社
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール xian@china8.jp
お電話 +86-(29)8819-3119
(受付時間:平日10:00~18:00)