その他レポート プリント
2800年前の西周時代「第一高級車」は陝西省で華麗に修復!
更新日:2020年08月19日

 馬車の起源は黄河流域で、中国の商、周時代から大規模に使われ始めました。今から約2800年前、四頭の馬引き、青銅で作られ、大量の緑松石をちりばめて、豪華な装飾をしている完全な銅馬車は、西周馬車の形、当時の技術水準と礼儀についての研究に重要な意義があります。

 このほど、陝西省宝鶏市岐山県の周原遺跡で2014年に出土された「青銅馬車」の保護整理は完了しました。

 銅馬車の木輪の外には青銅が包まれていて、獣面造形部分には緑松石をちりばめています。かなり豪華な装飾から考えると、考古学者は馬車が当時の礼儀車に属することを分析した。この「青銅馬車」は今後、陝西考古学博物院で一般公開される予定です。

 四頭の馬に引かれている「青銅車」は、考古学者が有名な「鳳雛遺跡」の南側100メートルのところで、不意にボーリングして発見したものです。初歩的な研究を通じて、その年代は西周中末期で、その華麗さは今までの西周車馬の発掘史に前例がない「第1豪車」を称することができます。

 銅馬車の木製車輪が銅の殻を外注して、車輪の直径は約1.4メートル、周囲は約4.4メートル、歯車の歯の幅は5.7センチ、厚さは1.9センチで、他のところで釘付けを見て、重さは約24キロです。特にその獣顔の紋様の車は緑の松石を象眼して、非常に精巧で美しくて、以前の商周時期に同類の形の車はとても少ない。車両の装飾には緑の松石をちりばめた青銅の部材や玉器、彩色の部材もたくさんあります。DNAの分析によると、4頭の馬は成年の牡馬で、しかも全部黒の毛色です。

 重要なのはこの車の車輪は銅の輪歯で、これはこれまで見たことがないのです。緑松石をちりばめている西周の車馬器も初めて発見されました。

 この馬車に関する情報を最大限に再現・理解するため、陝西省考古学研究院は遺跡を全体的に移転しました。室内発掘は2014年5月から始まり、10月まで、青銅馬車の輪、轅、衡などの部品や車両のほぼ輪郭が現れました。現在、修復作業が一段落しました。将来は陝西考古学博物館でそのまま保護し、複製品として展示されます。

 西周馬車について
 西周の馬車は、商代の形をそのままにして、「軛」(馬の首に「人」の字の形をした馬具)、轅(車を運転するために車両からはみ出す直木)、衡(轅の頭にある横木)、車(長方形の車両)、輪などで構成されています。馬車は木で作られることが多く、銅の部品があり、軸の先には銅の軎が取り付けられています。「皇帝」は銅鈴で、馬車が動いて入るとベルが鳴った。車両の屋根には幌がかけられていて、「幎」または「冪」と呼ばれています。

 西周貴族は等級の標識として、車と車の装飾を非常に重視した。周王はいつも車や車の装飾の「軫」、「較」、「軛」、「衡」などを大臣に与えました。



6年前の発掘現場

緑松石をちりばめた馬車「銮鈴」

青銅馬車の修復現場

切り取った埋蔵部分全体を発掘現場から考古研究所へ移動

研究所内の修復現場

四頭の馬は純黒色の成年雄馬だとDNA分析で究明

軸の先には銅の軎

「銮鈴」の局部

装飾

装飾

車体表面の青銅装飾

獣面

銅馬車の各部位名称

車体各部位名称(参考資料『考工記』より)

  • 嘉峪関1日観光
  • 西安咸陽国際空港送迎 ☆車のみガイド無し☆
  • 華山へ行こう!専用車チャーター(日帰り!) ☆日本語ガイド付き☆
  • 西安名物餃子宴ディナーと唐代宮廷歌舞ショー
  • 西安城壁の上を自転車で走ろう !
  • 餃子名門店ディナーと唐代宮廷歌舞ショー
  • 「長恨歌」唐代宮廷歌舞ショー観賞
  • 秦始皇帝陵・兵馬俑坑
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
全て表示
西安の旅行会社
西安新日国際旅行社 西安新日国際旅行社
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール xian@china8.jp
お電話 +86-(29)8819-3119
(受付時間:平日10:00~18:00)