食事レポート プリント
西安の人気「軽食」百選⑫
更新日:2020年05月06日

いにしえの古都ーー西安には、色々の美味い「軽食」があります。今回は灌湯包 (グァン・タン・ボー)をご紹介します。

 西安漢民族の特色軽食です。原料は小麦粉、温水、牛や豚バラなどがあります。北宋時代から市場ではすでに販売されていた。当時は「灌水饅頭」や「湯饅頭」と呼ばれていました。名産地は長安と開封でした。
 スープを入れて形を包んだ「灌湯包」は外形が美しくて、中身が精巧で独特で、肉の餡と新鮮なスープは巧く混合された。「、スープ飲み、麺食い、肉食い」という三つの北国飲食方式を一体化にしたのは魅力的です。「灌湯包」を食べて、スープの賞味は第一位で、肉餡は次で、面皮は次のようです。
 小籠包と同じく薄い皮の中に餡と熱々のスープが詰まった包子と言え、黒酢に辣醤を混ぜたピリ辛タレと共に食す。
 本場の「灌湯包」は普通、牛や羊の肉餡子です。しかし、もっと多くの人に合うために、「三鮮餡子」や「野菜餡子」などの品種を増やした。その味はもちろん牛や羊肉の餡子には及ばないです。でき上がった「灌湯包」は、タレをつけて食べます。タレ皿にはお店で特別に加工した酢、唐辛子を加え、ニンニクと香菜を用意しています。出されたばかりの「灌湯包」は熱々で、すぐ食べに行ってはいけません。うっかりして、食べてしまったら、肉まんの中の熱い油スープは急に出て、お客の舌や顔をやけどする恐れがあります。
 「灌湯包」を食べる時、その外観を楽しむのはもう一つの重要な過程です。「灌湯包」の皮は薄くて、真っ白で景徳鎮の細い磁器のようで、透明感があります。皮の上には精緻な手造りのしわが32本ありますので、その「灌湯包」を白い磁器の皿に置いて見ると、白菊のような姿です。更に、「灌湯包」を箸でを挟んで上げますと、提灯のようにぶら下がっています。
 その後、穴を開けてスープをスプーンに入れて飲んで、肉まんと皮をゆっくり味わいます。「灌湯包」を一心不乱に食べなければなりません。又、「灌湯包」に合う美味しい「八宝おかゆ」をも忘れないでください。

 

  • 嘉峪関1日観光
  • 西安名物餃子宴ディナーと唐代宮廷歌舞ショー
  • 「長恨歌」唐代宮廷歌舞ショー観賞
  • 秦始皇帝陵・兵馬俑坑
  • 華山へ行こう!専用車チャーター(日帰り!) ☆日本語ガイド付き☆
  • 餃子名門店ディナーと唐代宮廷歌舞ショー
  • 西安咸陽国際空港送迎 ☆車のみガイド無し☆
  • 西安城壁の上を自転車で走ろう !
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
全て表示
西安の旅行会社
西安新日国際旅行社 西安新日国際旅行社
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール xian@china8.jp
お電話 +86-(29)8819-3119
(受付時間:平日10:00~18:00)