世界遺産
  • 1泊2日
  • 世界遺産
プリント
<鄭州発着>安陽・林州 世界遺産2日間の旅
満足度:
0.0クチコミ(0件) 更新日:2013年10月24日

 河南省の最大の文字博物館・世界遺産「殷墟博物苑」、林州市の太行山大峡谷と紅旗渠風景観賞する充実な1泊2日間の旅です。

スケジュール

日程 スケジュール内容 宿泊 食事
1日目

朝、鄭州市内出発。鄭州安陽へ。(約2時間)

着後、安陽市内観光へ。

中国文字の発祥地 殷墟博物苑・商王陵遺跡】

昼食は安陽料理をご賞味ください。

その後、安陽林州へ。(約1時間)

林州市は安陽市の西部に位置し、昔は林県と言われ、中国有名な太行山脈の麓にある。最も有名な「人工天河」、「世界第八大奇跡」と言われる「紅旗渠」の川がこちらにある。20世紀70年代、現地の人々はいつも水を欠ける状況を改変するため、簡単な工具で岩の山に水道を開通し、高い山を通し、山西省の樟河の水を河南省の林州市まで引流してきた。

着後、林州市内観光へ。

【紅旗渠遊覧区】見学。(見学時間:約1時間)

 「人工天河——紅旗渠」は人類が「自然を改造し、自然を利用する」史上かつてない一大傑作である。新中国の林州人民の知恵の結晶で、巨大な物質的な財産であるだけではなく、巨大な精神的な財産でもある。この工事を通して、林州人民が示した「自力更生、苦難に創業、団結協力、無私な献上」——この優良な伝統の美徳及び人を感動させる精神が人々に広く伝わり賞賛されている。

青年洞景勝地】見学。(見学時間:約1時間)

 車を走らせて分水苑景勝地を30キロメートル上がれば、青年洞景勝地に達する。ここは山が高く、道が険しく、紅旗渠は高くそびえた太行山の断崖絶壁の上に掲げて、「人工天河」の限りない詩情を味わわせる。主景の「青年洞」は壁に寄りかかって切り開かれ、山の中を通り過ぎる。太行山の美しい景色の「雄、険、奇、優美」が凝集され、はるかに見渡すと、絶景が一望に収められる。あまりの見事さに、驚きいぶかって、ただ賛嘆させられるだけである。

夕食は林州料理はご賞味ください。

夕食後、ホテルへ

林州 朝:---
昼:安陽料理
夜:林州料理
2日目

朝食後、林州市太行山観光へ。

【太行山大峡谷】見学。(見学時間:約1.5時間)

 太行大峡谷は河南省の北西部、南太行山の東麓の林州市西側にあって、南北の長さ100華里、東西の幅2.5華里だ。標高800——1739メートルで、相対高さ1000メートル以上に達する。境界内は断崖が高くそびえ、峰々が高く険しく、台と壁が入り組んで、青色の渓水が激しく流れている。峰、山々、台、壁、峡、滝、峰、泉の姿は多種多様で、北国の山水の典型的な代表である。

 

【桃花谷風景区】見学。

(見学時間:約1.5時間)

 

 

【王相岩風景区】見学。(見学時間:約1.5時間)

 王相岩観光地は東に渓水を臨み、西に断崖に従って、両側は絶壁がめぐって、クローズ性のきわめて強い谷を形成した。谷が深く危なく、地勢が険しくて、気勢が盛んだ。絶壁の地質の層理は明らかで、谷底を通ると、雄岩が壁のように切り立って、危なさはよじ登ってはいけない。

昼食は田舎料理をご賞味ください。

午後、林州鄭州へ。(約3時間)

鄭州市内ホテル着後、解散となります。

--- 朝:ホテル
昼:田舎料理
夜:---

ツアー料金

◎料金単位:お一人様の料金(2名様1室利用の場合)

料金カテゴリ 料金 予約
2名様以上でのご利用 3,600元 予約
1名様でのご利用 5,600元 予約
【料金に含まれる内容】
現地日本語ガイド代、専用車代、食事代、入場券、ホテル代(2名様1室利用)
【ご注意】
◎日本円は中国国内での換金レートによって計算しています。日本円をご希望の場合、レートの変動に伴い料金が変わる場合がありますので予めご了承下さい。
◎中国の祝日(春節:2月中旬、ゴールデンウィーク、国慶節、年末年始)は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。

基本情報

ツアー名 <鄭州発着>安陽・林州 世界遺産2日間の旅
ツアーコード JPHNNPKG0016
出発/解散 鄭州/鄭州
利用ホテル 林州紅旗渠迎賓館泊または同級クラス
催行日 原則として毎日
最小催行人数 1名様
食事条件 朝1回、昼2回、夕1回
案内ガイド 現地日本語ガイド同行
お申し込み期限 3日間前
お申し込み条件 なし
キャンセル条件 【取消料の規定】
前日・・・50%
当日・・・100%
催行旅行社 河南中州国際旅行社有限公司