世界遺産
  • 1泊2日
  • 世界遺産
プリント
<鄭州発>新幹線で行く 洛陽・安陽・三門峡1泊2日のツアー
満足度:
0.0クチコミ(0件) 更新日:2013年08月08日

 歴代9王朝の都が置かれた中国7大古都市のひとつ洛陽は河南省の西部にあって、洛水の北岸にあるので、洛陽と言われている(陽は河の北岸という意味がある)。歴史に、中国の中原地帯に重要的な政治、文化、経済の中心地である。
 安陽は鄭州の北の方にあり、4000年歴史あるの古い都市である。世界産ー殷墟遺跡と最初の中国文字甲骨文字はここにある。

スケジュール

日程 スケジュール内容 宿泊 食事
1日目

07:30 朝、日本語ガイドが鄭州市内ホテルへお出迎え、タクシー或いはバスにて「鄭州東駅」へ

08:36 新幹線で安陽へ。(例:D2022便 鄭州東駅08:36発 安陽東着09:31着

09:31 到着後、タクシーにて、中国文字の発祥地 【殷墟博物苑・商王陵遺跡】観光へ。(約2時間)

12:30 昼食

14:32 新幹線にて洛陽へ。(例:G659便 安陽東駅14:32発 洛陽龍門駅16:02着)

16:02 洛陽龍門駅着、ホテルへ

17:00 洛陽ホテルチャックインして、自由行動となります。

洛陽 朝:---
昼:○
夜:---
2日目

08:00 朝食後、ホテルより、タクシーにて「龍門石窟」へ(約30分)

08:30  中国三大石窟の一つ・世界遺産【龍門石窟】を見学。(約1.5時間)

10:30 三国時代に名将関羽の首のお墓【関林廟】を見学。(約40分)

11:30 昼食

12:10 「洛陽龍門駅」へ、新幹線にて、三門峡へ。(例:G2007便 洛陽龍門駅12:44発 三門峡南駅13:20着)

14:00 到着後、【三門峡カ国博物館・黄河展望台】見学へ(約3時間)。

 

18:15 新幹線にて、鄭州へ。(例:G668便 三門峡南駅18:15発 鄭州駅19:29着)

20:00 鄭州市内ホテルに到着後、解散となります。

~~~お疲れ様でした~~~

--- 朝:---
昼:○
夜:---

ツアー料金

◎料金単位:お一人様の料金(2名様1室利用の場合)

料金カテゴリ 料金 予約
2名様以上でのご利用 2,880元 予約
1名様でのご利用 3,880元 予約
【料金に含まれる内容】
日本語ガイド代、往復新幹線切符代(2等席)、車代、食事代、入場券、宿泊代(2名様1室利用)
【ご注意】
◎日本円は中国国内での換金レートによって計算しています。日本円をご希望の場合、レートの変動に伴い料金が変わる場合がありますので予めご了承下さい。
◎中国の祝日(春節:2月中旬、ゴールデンウィーク、国慶節、年末年始)は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。

基本情報

ツアー名 <鄭州発>新幹線で行く 洛陽・安陽・三門峡1泊2日のツアー
ツアーコード JPHNNPKG0015
出発/解散 鄭州/鄭州
利用ホテル 洛陽牡丹大酒店 または同級クラス
催行日 原則として毎日
最小催行人数 1名様
食事条件 朝1回、昼2回
案内ガイド 現地日本語ガイド同行
お申し込み期限 3日間
お申し込み条件 なし
キャンセル条件 【取消料の規定】
21日前・・・無料
20日前以内・・・50%
3日前以内・・・100%
催行旅行社 河南中州国際旅行社有限公司

インフォメーション

※原則としては2等席利用

※座席は連番保障できかねますが、ガイドが車内同乗しますので、その際に他のお客様と相談します。

※発着駅は鄭州駅/鄭州東駅のいずれかになる可能性があります。また出発駅と帰着駅が異なる場合があります。

【パスポート番号提出のお願い】

2011年6月1日乗車分より、中国鉄道は全土「実名制」が実施されます。乗車の際、乗客全員分のパスポート提示が必要です。ご予約の際も、パスポートのコピーを弊社にE-メールまたはファックスで送付する必要がありますので、ご了承ください。