• 1泊2日
  • アレンジ自由
プリント
朱鷺の生息地とパンダ繁殖基地2日間
満足度:
0.0クチコミ(0件) 更新日:2019年07月26日

陝西省の洋県は中国トキの生息地である。朱鷺自然保護区は1983年に設立された。その総面積は37549ヘクタールで、主な保護対象は絶滅危機に瀕する鳥類とその生息地である。1988年、中国政府林業部は日本政府環境庁と「中日共同保護研究及び生息地」の協力プロジェクトを締結し、2005年7月に中国国務院が「陝西省漢中トキ国家級自然保護区」の設立を承認した。

スケジュール

日程 スケジュール内容 宿泊 食事
1日目

ホテル西安北駅へ(約1時間)
08:07 高速鉄道G2855次列車
西安北駅洋県西駅へ(約1時間3分間)
【天華山トンネル】
アジア最長ダブルレールトンネル、全長16キロ

洋県西駅洋県朱鷺保護中心へ(約5分間)

【洋県朱鷺保護中心】
洋県から3キロ離れ、党水河の河畔に朱鷺救護飼養中心(30軒の飼育ケージを持つ)、朱鷺宣伝教育館、朱鷺を飛ばす大広間などの施設は設置されてある。また、付近にある草垻村は野生朱鷺の夜泊地の一つで、60羽の朱鷺及び1000以上の伴息鳥類は毎晩、飛んでくる。
洋県から北へ15キロ離れる劉荘村に、合計3000㎡の朱鷺観察山小屋も設置されてあり、山小屋で松林にある朱鷺の巣や稲畑で泥鰌を取っている朱鷺の姿などの野生形態を直接観察することが出来る。

【昼食】
洋県郷土料理(菜豆腐、肉雑煮、謝村黄酒など)を召し上がり下さい。
 

洋県佛坪県へ(約2時間)
 
途中、駐車ステーションで偶々駐車して、野鳥と植物の観察をお楽しみして下さい。
【夕食】
佛坪郷土料理 (熱面皮、渓流小魚の唐辛子煮など)をお楽しみください。

宿泊:佛坪秦嶺寓舎酒店
【佛坪秦嶺寓舎酒店】

佛坪 朝:---
昼:○
夜:○
2日目

【朝食】ホテルレストランで中華料理

08:30秦嶺人与自然博物館の見学(ホテル内で、歩行、約1時間)
秦嶺人与自然宣伝教育中心(秦嶺人与自然博物館)
展示館は二階に分けられ、800平方メートル以上の展示エリアには12枚の展示板と生態環境模型1か所を設置してあり、300点以上の動物と植物の標本と秦嶺の自然景色と生物多様性を表現する写真も500枚以上展示している。

09:30ホテル佛坪パンダ谷風景区へ(約30分間)

佛坪パンダ谷風景区
陝西佛坪県城から北へ20キロ山奥、野生動植物資源がきわめて豊富な秦嶺パンダの生息帯と観音山自然保護区の境界内に位置する。

「秦嶺金絲猴野外研究基地」の「金絲猴公園」

「窑沟秦岭珍稀雉类研究基地の紅腹雉園」
紅腹雉と白腹雉(ベニハラキジとシラハラキジ)

【昼食】
佛坪郷土料理(神仙粉、蝋肉山菜炒めなど)をお召し上がり下さい。
神仙粉(ツクバネウツギ属の低木の澱粉料理)
 
16:00佛坪パンダ谷風景区高速鉄道佛坪駅へ(約30分間)

17:07 高速鉄道D1932次列車
佛坪駅西安北駅へ(約53分間)
西安駅ホテルへ(約30分)

--- 朝:ホテル
昼:○
夜:---

ツアー料金

◎料金単位:お一人様の料金

料金カテゴリ 料金 予約
2-5名様でご利用 3,800元 予約
6名様上でご利用 2,300元 予約
【料金に含まれる内容】
宿泊費1泊、日程に記載された食事、送迎、日本語ガイド、車代(料金所代、駐車代含み)、各観光地入場料
【ご注意】
◎日本円は中国国内での換金レートによって計算しています。日本円をご希望の場合、レートの変動に伴い料金が変わる場合がありますので予めご了承下さい。
◎中国の祝日(春節:2月中旬、ゴールデンウィーク、国慶節、年末年始)は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。

基本情報

ツアー名 朱鷺の生息地とパンダ繁殖基地2日間
ツアーコード JPXIAPKG0017
出発/解散 西安/西安
利用ホテル 佛坪: 佛坪秦嶺寓舎酒店賓舘1泊(ルームタイプ:指定なし)
催行日 毎日
最小催行人数 1名様からご参加頂けます。
食事条件 朝食1回(ホテル)、昼食1回、夕食1回
案内ガイド 西安から日本語ガイドが随行してご案内致します
お申し込み期限 ツアー当日7日前まで受け付けておりますが、なるべくお早めにお申し込み下さい。
お申し込み条件 なし
キャンセル条件 【キャンセル料金】
ツアー当日:旅行代金全額
ツアー前日及び前々日:旅行代金の50%
ツアー3日前から6日前:30%
※ピーク時期はこの限りでは御座いません
催行旅行社 西安新日国際旅行社