【現地ニュース】 2017年07月10日 宝蘭高速鉄道、9日全線開通 営業開始  
食事レポート プリント
西安の庶民グルメ
役立ち度:
(3票) 更新日:2016年03月14日

陜西この土地には秦漢唐の王朝を作造し、悠々とした歴史文化を残し、いろんな美食も誇っています。涼皮、臊子麺、肉夾鏌、胡ラタン、ビャンビャン麺なども、いろんな美食を出すと、もう顎が落ちそうでしょう。陜西に行くのはまたの理由は必要するものですか。

マトンスープと餅(羊肉泡鏌):新鮮なマトン、暖かいスープと餅を合わせるもの。冬には一口を味わうと、全身がぱっと温かくなる。

豚肉を挟む餅(肉夾鏌):一個を食べると、一日中に満足感が溢れる。

ビャンビャン麺(biangbiang面):秦の人のように心が広く、大苦大楽.。

胡ラタン:濃い胡ランタンは中身が豊富で、陜西人の性格のように実直。

涼皮(シャンピ):さわやかでスパイシー。

肉野菜の角切り麺(臊子麺): 臊子は肉や野菜の角切りという意味があるそうです。ピリリと辛い麺。濃さは三秦の歴史のように。

ヨーポー麺:お酢と粉唐辛子を用い、厨房で薬味やお野菜が乗った麺の上に熱々の油を注ぐ西安名物.。

中華ナン(鍋盔): 内部がクリスプ、外はさわやかで味が鮮明。

蕎麦ホロ(荞面饸饹):麺が細くてタフで、味が薄い。

黄桂稠酒:色が白い、味がまろやかでおいしい。

スープ餃子(灌汤包):形は絶妙的で、スープはまろやかで豊富。

葫芦頭:豚のダイチョウがたっぷり入ったモツスープ。

西安の餃子宴は五つの宴に分かれます。それぞれの宴には108種類の餃子もある。

千層餅:名前通り手でちぎって食べる焼いたナンです。中国で良く食べる家庭料理です、野菜スープと一緒ならとても美味しい。

油を注いだ粉唐辛子(油注辣子):西北地方の毎戸家庭にはあるもの、辛くておいしい。

ジャン水魚々:特に夏のときに、一気を飲むと、ぎゅっと涼しく。

麻食(マーシ)はまるでイタリアのパスタにあるような、小麦粉を練ったものをちぎって、ぎざぎざのある木の板の上でこすって丸めたもの。

洋芋擦擦: 陝西北部において昔ながらの伝統的な食べ物の一つです。洋芋はジャガイモのことで、この料理を作るときは「擦子」(おろし)という専用道具でジャガイモを薄く切り、メリケン粉を入れ攪拌してから蒸籠で蒸します。

金線油塔(きんせんゆうとう): 唐の時代から遺留した名物料理、多層細線、ほつれや脂っこくない。

銅川大刀麺:200年の歴史を持っている銅川大刀麺の食べ方は夏冬が違っている。

撹団(ジョータォ) ちょっと辛いけど、食べるとおいしい。

ジャン水麺(冷やし中華):中国西北の夏の麺といえばコレだ。

菜豆腐:季節の野菜を加えた新鮮豆腐。

碗砣(ワンタオ):すごく厚い地域風味が伝わている。

辣子蒜羊血:羊の血をプリン状に固めたものがピリ辛の汁に浮かんでいて、ニンニクがガツンと効いている。

銭銭飯:昔の陝西北部に度荒するため、形成した食べ物、名誉が広い。

卣汁凉粉: 陝西っ子じゃなければ、慣れないかもしれない。

酸湯餃子(酸味のあるスープ餃子):中国海苔を使用しており、さっぱりなスープに味わいが映える。

商芝肉(シャンジ肉):肉は色が赤く、質感が柔らかい、脂っこくない。

水晶餅: 表面は銀色で、離れっている皮が多い、香りでやわらかい。

擇湯汤面(フーシェンバイタンメン): 戸県特産のつけ麺のようなもので、スープの中にネギ、ニンニク、生姜、チャーシューなどが入っており、醤油、酢などで味付けたあっさりとした味。

甑糕(ゼンゴー):甘くてやわらかい、女性の方が大好き。

滋巻(ズイジョン):地元の人は便食として、粥を飲みながら食べる。

チャウダー三鮮団子湯のチャウダー:中身が豊富で、新鮮。

泡菜梆梆肉:キムチかけの棒々肉。

蜜セン張口酥餃:小麦粉は皮にし、白糖、砂糖粉などを餡にする、包ンでフライ。

  • 餃子名門店ディナーと唐代宮廷歌舞ショー
  • 華山へ行こう!専用車チャーター(日帰り!) ☆日本語ガイド付き☆
  • 秦始皇帝陵・兵馬俑坑
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
西安の旅行会社
西安新日国際旅行社 西安新日国際旅行社
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール xian@china8.jp
メッセンジャー
お電話 (029)88193119
(受付時間:平日10:00~18:00)