プリントアウト実行
烏蒙山
役立ち度:
(2票) 更新日:2013年01月14日

 烏蒙山国家地質公園はカルスト地形と山や高原、峡谷、古生物化石と古人類遺跡を主体に自然生態と人文景観が数多くあり、科学・美学的価値が一体となった公園である。


 烏蒙山国家地質公園は青海・チベット高原の東麓と雲南・貴州高原が広西チワン族自治区へと連なる地点に広がり、面積は388K㎡。カルスト地形と山や高原、峡谷、古生物化石と古人類遺跡を主体に自然生態と人文景観が数多くあり、科学・美学的価値が一体となった公園である。北盤江峡谷園区と翠雲洞鐘乳洞群園区のほか、盤県大洞遺跡、盤県三畳紀海生物化石群、金盆天生橋、韮菜坪黔之巓、阿勒河など名所は5ヵ所。











六盤水市地区の観光情報はこちら