国境を越えて雲南からラオスへ - 基本情報|中国旅行のチャイナエイト
【現地ニュース】 2016年01月19日 上海から昆明までの高速鉄道が6月に開通  
世界遺産
  • 世界遺産
プリント
国境を越えて雲南からラオスへ
注目度:
(0票) 満足度:
(0件) 更新日:2018年06月14日

雲南省シーサンバンナの町モーハンからラオス国境を越えます。通常のツアーでは訪れることの少ない中国とラオス国境地帯の少数民族の村々を訪れます。

スケジュール

日程 スケジュール内容 宿泊 食事
1日目

昆明空港にお出迎え、ホテルへご案内します 

昆明 朝:×
昼:×
夜:○
2日目
午前、空路、少数民族の宝庫、シーサンパンナの中心地・景洪へ
着後、中国では唯一野生の象が生きる野象谷へその後、中国で56番目に認定された民族・ジノー族の住む基諾(ジノー)立ち寄ります。ジノー族は三国時代に諸葛孔明が南征した時の蜀兵の末裔と言われています。
 
景洪 朝:○
昼:○
夜:○
3日目
朝食後、シーサンパンナ博物館にご案内します。
午後周辺の少数民族の村タイ民族の』、ハニ族の村を訪ねます。
夕食は、タイ族の高床式民家の中でタイ族伝統料理をお楽しみください。
 
モンルン 朝:○
昼:○
夜:○
4日目
朝食後、約2700種類の植物を集めたモンルンの西双版納熱帯植物園を見学します。
その後、ヤイ族のや亜熱帯の森、望天樹を訪ねます。
その後、モーハンへ。
 
モーハン 朝:○
昼:○
夜:○
5日目
国境を越え、その後、ラオスの北部の少数民族訪問の基点となるルアンパバーンへ
途中、ランテン族の村を訪れます。ホテルへ。
 
ルアンパバーン 朝:○
昼:○
夜:○
6日目
ラーンサーン王朝の都、ルアンパバーンへ、スイカ寺の異名も持つ、ラーンサーン王国最後の王が祀られました。
観光後、クアンシーの滝を向かいます。夕刻、ルアンパバーンに戻り神聖な丘の意味を持つプーシーの丘からの夕日観賞します。
 
ルアンパバーン 朝:○
昼:○
夜:○
7日目
■オレンジ色の袈裟をまとった僧侶たちが一列で通りを練り歩くラオスの風物詩、托鉢風景を見学。ムアンシンの朝市を向かっています。
■その後、ルアンパバーンのシンボル、 ワットシェーントンを向かいます。黄金のレリーフが美を感じます。
■午後、ルアンパバーンから昆明へ。着後、空港近くのホテルへ
 
昆明 朝:○
昼:○
夜:○
8日目

朝食後、昆明空港にお見送りします、中国旅行結束。

朝:○
昼:×
夜:×

ツアー料金

◎料金単位:cny

料金カテゴリ 料金 予約
2名様以上でのご利用 10,500元 予約
【料金に含まれる内容】
【料金に含まれる内容】
車代、宿泊代、ガイド代、各地入場料、弊社スタッフ宿泊料、食事代、中国国内旅行保険料。」
【ご注意】
◎日本円は中国国内での換金レートによって計算しています。日本円をご希望の場合、レートの変動に伴い料金が変わる場合がありますので予めご了承下さい。
◎中国の祝日(春節:2月中旬、ゴールデンウィーク、国慶節、年末年始)は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。
◎航空券の費用は含まれません。

【ご注意】
◎日本円は中国国内での換金レートによって計算しています。日本円をご希望の場合、レートの変動に伴い料金が変わる場合がありますので予めご了承下さい。
◎中国の祝日(春節:2月中旬、ゴールデンウィーク、国慶節、年末年始)は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。

基本情報

ツアー名 国境を越えて雲南からラオスへ
ツアーコード JPYUNPKG0046
出発/解散 昆明/昆明
利用ホテル 昆明/景洪/モンルン/モーハン/ルアンパバーンのホテル
催行日 毎日
最小催行人数 2名様
食事条件 中華料理 ラオス料理 現地料理
案内ガイド 現地にて日本語スタッフがお世話させて頂きます
お申し込み期限 ツアー当日10日前まで受け付けておりますが、なるべくお早めにお申し込み下さい。
お申し込み条件 なし
キャンセル条件 ツアー当日:旅行代金全額
ツアー前日:旅行代金の50%
ピーク時の条件はお問合せ下さい
催行旅行社 雲南海外国際旅行社有限公司