• 送迎付
  • 食事付
  • ガイド付
  • 全日
  • 現地払い可
プリント
【西安発】秦函谷関と黄河渡場の風凌渡と潼関古城博物館を訪れる旅
満足度:
0.0クチコミ(0件) 更新日:2019年05月22日

始皇帝27年(前220)に始皇帝は、全国に馳道を作った。馳道とは、一般人は立ち入ることはできない皇帝専用の道路だが、この道は戦車も走れる軍用道路である。一旦事あればすぐさま軍隊をおくれるよう、道路の表層は金属製の鎚でたたいて固めてあったという。道幅は五十歩、つまり69・3メートル。また、三丈つまり6.93メートルごとに青松を植えた。馳せる道とは、まさに現代の高速道路である。

スケジュール

時間 交通 スケジュール内容
07:30 自動車

【お出迎え】
ご宿泊のホテルまでお出迎えに上がります。
ホテル 函谷関へ(約3時間、230キロ)
※途中、中国五大名山の一つの華山の車窓観光もご案内します。

10:30 徒歩

【秦馳道】
始皇帝27年(前220)に始皇帝は、全国に馳道を作った。馳道とは、一般人は立ち入ることはできない皇帝専用の道路だが、この道は戦車も走れる軍用道路である。一旦事あればすぐさま軍隊をおくれるよう、道路の表層は金属製の鎚でたたいて固めてあったという。道幅は五十歩、つまり69・3メートル。また、三丈つまり6.93メートルごとに青松を植えた。馳せる道とは、まさに現代の高速道路である。
秦直道は秦帝国が行った万里長城に続く二番目の大型国防工事で、「古代世界交通明珠」と言われ、2,217年の歴史を待ちます。

秦馳道見取り図

昔の秦馳道の「東方道」 

函谷関へ行く今の「連雲港―霍爾果斯高速道路」

【関中】
関中とは、函谷関の西側の地域を指す。 現在の中国陝西省渭水盆地の西安を中心とした一帯で、ちなみに、秦王朝の都を守った四大要塞とする東の函谷関、西の大散関、北の蕭関、南の武関に 囲まれていることからその名があるともいう。
関中取り図

【函谷関】
中国河南省の北西部にある交通の要地。古関と新関の二つの関所がおかれた。古関は霊宝県の南西2kmのところに位置する。東西およそ8kmにわたって黄土層の深い谷がつづき,両岸は切り立ち、樹木は陽光をさえぎって昼なお暗く、ちょうど函(はこ)の中を進むのに似ているところから、この名がつけられた。
函谷関は秦馳道の「東方道」で長安(現西安市)を中心とする関中と洛陽を中心とする中原を結ぶ交通の要地に当たっており、秦の国では古くからここに関所をもうけて東方の守りとしていた。

※観光時間約1.5時間

12:00 なし

【昼食】
昼食には函谷関の郷土料理をお楽しみ下さい。

13:30 自動車

函谷関潼関(約1時間、77キロ)

14:30 徒歩

【潼関】                   
中国陝西省の東端、山西・河南両省との省境にある県名。黄河が華山にぶつかり東に流れを変える地点にある。北に渭水、南に華山の絶壁を控え、古来洛陽から長安に至る通路の要害で、後漢代に関が置かれた。

【潼関古城博物館】 

【黄河渡場の風凌渡大鉄橋】
      
※観光時間約1時間30分

16:00 自動車

【お見送り】
潼関ホテルへ(約1時間45分、136キロ)
ご宿泊のホテルまでお見送り。ごゆっくりお休み下さい

ツアー料金

◎料金単位:一人当たりの料金

料金カテゴリ 料金 予約
2-5名様御利用 1,460元 予約
6名様以上でご利用 720元 予約
【料金に含まれる内容】
日程に記載された食事、送迎、日本語ガイド
【ご注意】
◎日本円は中国国内での換金レートによって計算しています。日本円をご希望の場合、レートの変動に伴い料金が変わる場合がありますので予めご了承下さい。
◎中国の祝日(春節:2月中旬、ゴールデンウィーク、国慶節、年末年始)は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。

基本情報

ツアー名 【西安発】秦函谷関と黄河渡場の風凌渡と潼関古城博物館を訪れる旅
ツアーコード JPXIAOPT0056
催行日 毎日
最小催行人数 1名様からご利用頂けます
所要時間 約10時間
食事条件 昼食附き
案内ガイド 現地にて日本語ガイドがご案内致します
お申し込み期限 ツアー当日3日日前まで受け付けておりますが、なるべくお早めにお申し込み下さい。
お申し込み条件 なし
キャンセル条件 【キャンセル料金】
ツアー当日:旅行代金全額
ツアー前日及び前々日:旅行代金の50%
ツアー3日前から6日前:30%
※ピーク時期はこの限りでは御座いません
催行旅行社 西安新日国際旅行社