寝台列車の上段・中段と下段

寝台の種類

1、硬卧


硬卧には上、中、下三つの種類に分かれます。上段と中段は梯子で登る必要があります。それぞれの料金も違います、下段は料金が一番高いです。写真から見ると、右側が寝台で、左側は通路です。通路の上には荷物の置く場所があります。

硬卧基本全部はオープン式で、夜は騒がしく、長距離移動には向いていないと思います。料金が安いため、買う人が一番多いです。

 

2、軟卧


軟臥は名の通り、硬臥より柔らかい寝台です。長距離移動のお客様にはこちらの方がおすすめです。

軟臥と硬臥違いといえば、こちらの4点です。

①空間が広く、一つのコンパートメントは4人で使えいます。

②割と静かで、寝る心地も良い。

③料金は硬卧より高い。

④ドアを閉めることができます。

 

3、高級軟臥


高級軟臥は基本的にはD列車(CRH1E型など)に設置されています。一部のZ列車にも設置されています。

高級軟臥は独立バスルーム、クローゼット、電気ケトル、シャワーが付いております。他にも新聞サービス、テレビ、スリッパなどの日常生活用品も備えています。

料金も軟臥より1倍ほど高くて、座席数も少ないです。

 

人気順位

1、寝台の人気順位


硬臥>軟臥>高級軟臥

硬臥は料金が安くて、数も多いので、利用者の中で人気が一番高いです。

軟臥は観光客に一番人気があります、料金は少々高めですが、とっても静かで、観光客がこちの方が好まれます。

高級軟臥はやはり値段が高いので、買う人が少ないです。

 

2、段位の人気順位


下段>中段>上段

下段は移動便利で、空間も一番広くて、超人気です。料金も一番高いです。知らない人は時々座り込んで移動中にお喋りに来ますので、覚悟する必要があります。

中段は個人的に好きな段位です、下段より空間が狭いけど、それなりに便利で、料金は下段より安いです。

上段は一番狭くて、梯子で登る手間がかかるので、人気が少ないかもしれません。料金は一番安いです。

 

段位の指定は可能ですか?

いいえ、寝台の段位は全部切符を購入の時、中国鉄道システムがランダムで決まるので、段位の指定はできません。

列車チケット検索
片道 往復
出発
人気の都市
  • 北京
  • 上海
  • 天津
  • 成都
  • 福州
  • 貴陽
  • 広州
  • ハルビン
  • 合肥
  • 杭州
  • 済南
  • 昆明
  • 南京
  • 沈陽
  • 武漢
  • 西安
  • 鄭州
  • 常州
  • 敦煌
  • 大連
  • 桂林
  • 洛陽
  • 寧波
  • 青島
  • 蘇州
  • 無錫
  • 義烏
到着
人気の都市
  • 北京
  • 上海
  • 天津
  • 成都
  • 福州
  • 貴陽
  • 広州
  • ハルビン
  • 合肥
  • 杭州
  • 済南
  • 昆明
  • 南京
  • 沈陽
  • 武漢
  • 西安
  • 鄭州
  • 常州
  • 敦煌
  • 大連
  • 桂林
  • 洛陽
  • 寧波
  • 青島
  • 蘇州
  • 無錫
  • 義烏
行き
帰り