武漢駅

武漢駅は武漢市青山区楊春湖にある中国国鉄の駅。2006年9月29日に着工し、2009年12月26日に使用開始された。武広旅客専用線の北側の起点であり、合武線の一部の列車もこの駅に発着している。将来は京港旅客専用線および、一部の滬漢蓉旅客専用線の列車の中間駅となるほか、鄭州、九江方面への普通列車も停車する予定である。

駅舎は、フランス国鉄の子会社である[1] AREPと地元の鉄道第四勘察設計院の共同設計によるもので、コンコースは、高架式のプラットホームの直上に作られ、鶴が翼を広げる姿をモチーフとした、大スパンの流線型の金属の屋根で覆われている。利用者はコンコースからプラットホームに停車している列車を俯瞰することができる。

駅は島式ホーム11面20線の高架駅である。1から15は高速場、京広線が使用しています。16から20は普速場武九鉄路、武黄城際鉄路と武冈城际鉄路がしようている。

地下鉄は4号線、10号線が開設されております。

武漢駅平面図↓↓↓

【交通アクセス】

 

地下鉄

4号線:黄金口行き06:00~22:30(国定休日06:30~22:30)

10号線:建設中

 

バス

武漢駅深夜バス、634、525、540、551、610、643、725

 

天河国際空港へのアクセス

空港バス青山武漢駅武漢線(約1時間30分)

地下鉄4号線⇒洪山広場乗り換え⇒地下鉄2号線⇒天河国際空港駅おります(約2時間)

タクシーにて空港へ(約45分、運賃約130元)

列車チケット検索
片道 往復
出発
人気の都市
  • 北京
  • 上海
  • 天津
  • 成都
  • 福州
  • 貴陽
  • 広州
  • ハルビン
  • 合肥
  • 杭州
  • 済南
  • 昆明
  • 南京
  • 沈陽
  • 武漢
  • 西安
  • 鄭州
  • 常州
  • 敦煌
  • 大連
  • 桂林
  • 洛陽
  • 寧波
  • 青島
  • 蘇州
  • 無錫
  • 義烏
到着
人気の都市
  • 北京
  • 上海
  • 天津
  • 成都
  • 福州
  • 貴陽
  • 広州
  • ハルビン
  • 合肥
  • 杭州
  • 済南
  • 昆明
  • 南京
  • 沈陽
  • 武漢
  • 西安
  • 鄭州
  • 常州
  • 敦煌
  • 大連
  • 桂林
  • 洛陽
  • 寧波
  • 青島
  • 蘇州
  • 無錫
  • 義烏
行き
帰り