【お知らせ】 2017年09月18日 2017年10月上海雑技団チケット予約開始しました。  
絶景スポットレポート プリント
上海定番のみどころ
役立ち度:
(3票) 更新日:2017年06月09日

上海は国際大都市としてそれなりの魅力的な場所があります。今日チャイナエイトはその中で最も魅力的な場所をご紹介します。これらは上海旅行なら、絶対不可欠な場所!

陸家嘴 外灘
くねくねとする川と碁盤のような市街とを鳥観する絶好地と言えば、陸家嘴の他にありません。1990年以降、大規模開発がされ、様々な高層ビルが次々と出てきて、天に届くほど最高記録を更新し続けています。世界でも人気の高い高層ビル群では、皆パノラマ台があります。レストラン、バーなども相次いてパノラマ台に入ったから、100mぐらいの高空で食事したり、ワインを飲んだりしながら、川辺の景色を楽しめます。
上海に来たら、代表的な観光スポットである外灘に行かないと残念でしょう。黄浦江の西岸に位置し、20本のビルがそれぞれ異なったスタイルを持つことで、「万国建築博覧群」と呼ばれます。今現在になって、古い建築物の一部は特色のあるレストランや、星付きホテルと博物館をだんだん迎えてきました。夜になると、川辺のベランダや屋上で、行き来する船を静かに鑑賞してもいいし、フェアモントピースホテル上海でジャズのパフォーマンスを楽しんでもいいです。
老城廂 南京東路
460年前に、市民は外来敵を抵抗するために、城壁を建てました。それに守られたエリアは、上海人が「老城廂」と呼びます。その城壁が今は大境閣の辺りだけ、一部しか残っていません。上海歴史の発祥地として、老城廂には古典庭園の豫園など、古跡が残っています。昔らしい建築物、百年の歴史を持つ老舗、国内外とも有名になった伝統軽食が、毎日そこを通っている大勢の人を引き寄せています。
「南京東路の歩行者天国」は上海で一番有名な商店街です。その華やかさは、100年前に目鼻が付きましたが、世界各国の金持ちはここで投資してきました。1920年代から30年代にかけて、先施、永安、大新、新新という4軒のデパートは相次いでここでオープンし、当時の消費風潮をリードしました。今現在、ここは特に老舗が多くあり、毎日にぎやかです。
人民広場&南京西路 淮海中路
南京西路の西側は千年の歴史を持つ静安寺に接し、東側は上海の政治、文化センターである人民広場です。19世紀後半に入り、たくさんの名門が邸宅をここに建てられました。南京西路も「ショッピング黄金路線」です。久光百貨、静安嘉里センター、恒隆広場などのハイエンドなデパートとともに豪華な選り抜き商圏となりました。
淮海中路は昔有名な霞飛路です。1920年代から30年代にかけて、ここの各商店には大体ヨーロッパ式レイアウトで、国際市場と同様な選り抜き商品を展示していました。今現在になり、粋な生活に拘る上海式態度はこのプラタナス大道から、近くにある新天地、田子坊、ファッションのランドマークである思南公館まで延びました。斬新な思案に基づいた小さな店や、特定テーマを表すレストランと特色あるバーは曇のように集まっています。
徐家匯 近郊
ここは市区西南武にある重要な商業センターと交通要衝です。上海最初のカトリック信者である徐光啓よりご推進のおかけで、ここを始め、周辺エリアも中国と西洋文化の交流地帯になりました。20世紀初頭になり、徐家匯が既にカトリック雰囲気が満ち、ヨーロッパ風情に富みました。今現在になったら、同一空間には新と旧がぶつかり、ファッションとクラシック共存しています。
都心がざわめいていますので、一時離れたければ、近郊をお薦めです。吳淞砲台台湾湿地森林公園で黄浦江、長江と東海と合流する珍しい景色を眺め、金山嘴の漁村で新鮮な海産物を食べ、東灘湿地公園で渡り鳥が遷移している姿を観賞し……近郊でリラックスしたり、清清しい空気を吸ったり、農家料理を味わったりできます。上海ディズニーランドの設立は、上海近郊を一層面白くさせます。
チャイナドレス 石庫門弄堂
チャイナ―ドレスを着て、麻ハンカチの一端を斜襟に入れて、ビャクダン団扇を手で持つのは上海女性のイメージです。現代のチャイナ―ドレスは上海が源となっていますので、生粋な上海風チャイナ―ドレスなら、必ず本人の体にぴったりする寸法を人手で量ります。チャイナ―ドレスがほしがれば、長楽路のチャイナ―ドレストリートに行って気に入るものを選びましょう。こういう生粋な上海風チャイナ―ドレスを着たまま、外灘や、武康路など1930年代風情が満ちている場所に行ったら、美しい姿を引き立てます。
石庫門は近代上海の一番代表的な一般市民住宅として、西洋様式とうまく合わせたのが見所です。石庫門の列の間に挟まれた横町は、「弄堂」と言います。100年余りの歴史で、弄堂が上海の発展、変化を見守ってきました。今現在、都心エリアで昔のままを維持する弄堂が残っています。もう一部は現代要素が注ぎました。新天地と田子坊が、歴史文化と現代生活との融合を味わう絶好地です。
プラタナス 洋館
100年前、プラタナスは上海に根を下ろし、この都市に油絵のような色彩をもたらしました。特に夏と秋との景色は忘れかねます。衡山路の両側にプラタナスが約460本あり、新華路のプラタナスの後ろに、ヒューデック先生がデザインした花園別荘群があります。中国にはプラタナスのある都市は少なくありませんが、ただの飾りとして植わったかもしれませんが、しかし、上海だけは、プラタナスを道路と一体化させて、都市に四季に渡る風情をもたらさせています。
歳月を経て、古い洋館は上海文化のマークとなりました。そのうち、一番特別なのは、様々なスタイルの持っている古い洋館です。プラタナスの後ろに立て、精緻な花園、しいてはテニスコートやプールがあります。上海人はこのような古い洋館を「花園洋館」と呼びます。今現在になり、飲食、ショッピングと芸術はそのスペースに合わせました。ここで現代生活を体験しながら、上海伝説を読めます。
地元料理 水郷の町
上海の飲食はこの都市のように、「海百川を納る」と言えます。地元料理を食べ、中華料理を味わいながら、世界で流行っている美味しい料理、軽食も食べることができます。上海は米の郷で、上海人が米でいろんなお菓子を作ります。大餅、油条、粢飯と豆漿が上海人好みの朝ご飯です。折角ですから、南翔饅頭店で上海で一番有名な「小籠包」を食べてみてください。紅燒肉、油爆蝦、蟹粉豆腐など、油と醤油をいっぱいつけられた地元料理も、上海宴会で不可欠な代表物です。
上海は川尻に位置し、特に黄浦江の上流には、支流と支流が網を結び、上海近郊にある区、町を通りまして、そこに住んでいる人を育てきました。これらの街は百年の人文歴史により、「古町」と濃縮されました。伝統的な舟に乗って朱家角を遊覧し、楓涇で最も特色ある金山農民絵を描き、七宝でゴマ団子スープを食べ、南翔で最も生粋な小籠包を食べることができます。
創意園 博物館
科学技術時代の到来により、旧式工場はだんだん工業の殻を脱いで、新たな生命が注ぎ、それぞれ創意園と改造されました。ここに入ったら、美術展覧会や本屋まで行ったり、彫像を観賞したり、写真を撮ったり、市に行ったり、音楽を聞いたり、コーヒーを飲んだり、旨味を味わったり……どこでも設計力が注ぎ、驚かせますので、生活に調和と美感覚を加えます。
上海の歴史、発展を全部知りたければ、博物館に行ったほうが一番便利な手段です。テーマもタイプもそれぞれ異なった百軒余りの博物館に、上海の貴重な思い出を保存しています。例えば、青銅器を特色とする中国古代芸術博物館である「上海博物館」、20世紀に渡る中国美術傑作を保管する「中華芸術宮」、蝋像で都市の変遷を表す「上海城市歴史発展陳列館」……博物館に行って、歴史を味わい、現在を知り尽くし、未来へ通り抜けられます。
地元料理 水郷の町
上海の飲食はこの都市のように、「海百川を納る」と言えます。地元料理を食べ、中華料理を味わいながら、世界で流行っている美味しい料理、軽食も食べることができます。上海は米の郷で、上海人が米でいろんなお菓子を作ります。大餅、油条、粢飯と豆漿が上海人好みの朝ご飯です。折角ですから、南翔饅頭店で上海で一番有名な「小籠包」を食べてみてください。紅燒肉、油爆蝦、蟹粉豆腐など、油と醤油をいっぱいつけられた地元料理も、上海宴会で不可欠な代表物です。
上海は川尻に位置し、特に黄浦江の上流には、支流と支流が網を結び、上海近郊にある区、町を通りまして、そこに住んでいる人を育てきました。これらの街は百年の人文歴史により、「古町」と濃縮されました。伝統的な舟に乗って朱家角を遊覧し、楓涇で最も特色ある金山農民絵を描き、七宝でゴマ団子スープを食べ、南翔で最も生粋な小籠包を食べることができます。
上海観光祭
1990年以来、毎年9月2番目の土曜日から10月6日までの間、上海市がにぎやかになります。観光祭は「開幕大巡遊」から始まります。世界各地から来た檀尻團体やパフォーマンス団は淮海中路を歩きながら歌ったり踊ったりして、ムードを盛り上げます。それに、上海を歩きながらその文化魅力を探す「微遊上海」、及びロマンの縄で集団結婚式と都市文明とを結びつける「玫瑰婚典」などの活動は既にクラシックブランドになりました。観光祭期間で、各観光スポットはまた特別価格のセール活動を打ち出しますから、秋になったら、上海へようこそ!
上海市内観光バス
限られる期間でそんなに広い上海を見通したければ、この手段が最もふさわしいです!チケット一枚だけで、バス周航が楽しめます。24時間以内に、約40ストップのバス停で好きな所で乗ったり下りたりできます。この赤い二階建てオープンバスが上海にある人気観光スポットにほぼ全部行けます。バスでは、中国語、英語、日本語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語とイタリア語の音声解説を提供します。
黄浦江遊覧
黄浦江は上海のランドマークである川で、一番華やかな水域に上海景色の精華が集まります。東岸は現代高層ビルの並ぶ陸家嘴で、西岸は百年の歴史を持つ建築群の林立する外灘です。新十六浦碼頭を出発し、「経典遊」は約50分間を楽しんで終わりますが、「豪華遊」の方は約90分間観賞しながら、食事できます。それに、東方明珠碼頭から出発して、一生忘れられない水上観光をスタートしてもいいです。

 

  • CHINA8の「微信」(WeChat)がスタートしました
  • 選べるディナー&黄浦江ナイトクルーズ
  • 上海ディズニーランド チケット予約
  • 中華芸術宮見学ツアー
  • 世界遺産の旅・黄山頂上からご来光を迎える 1泊2日間
  • オープントップバスで巡る 上海市内終日観光
  • 【上海発】激安春秋航空で行く 香港3日間 980元~
  • 上海雑技団 チケットのみ予約 ★最大50%割引★
  • 上海専用車チャーター
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
上海の旅行会社
チャイナエイト・トラベル・サービス チャイナエイト・トラベル・サービス
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール shanghai@china8.jp
メッセンジャー
お電話 (021) 5852-8400 (日本語可)
(受付時間:平日10:00~18:00)