【お知らせ】 2018年10月16日 2018年11月上海雑技団チケット予約開始しました。  
  • 送迎付
  • ガイド付
  • 全日
プリント
中国電子マネー事情調査体験ツアー
注目度:
(4票) 満足度:
(0件) 更新日:2018年05月30日

 中国で爆発的に普及しているスマホを使った代金決済。財布の代わりにアリババの「Alipay」、テンセントの「WechatPay」が浸透している中国ではいかに席巻しているかを調査しよう。現地事情の熟知している日本語案内人が銀行口座開設からスマホアカウント開設までサポートします。

スケジュール

時間 交通 スケジュール内容
09:00 なし

【お迎え】

担当日本語案内人はホテルまたはお泊り先までお迎えに上がります。

日本語案内人がスマホを利用して、タクシーを呼び出しします。携帯会社中国移動(China Mobile)または中国聯通(China Union)または中国電信(China Telecom)へ移動。

(タクシー代はお客様負担、人数の多い場合は貸切車の手配も可能)

09:30 なし

【携帯SIMカードを購入】

携帯会社にて中国の携帯番号を入手。下記のいずれかを選び頂けます。各社のメリットは担当案内人よりご説明します。

中国移動(China Mobile)
中国聯通(China Union)
 
中国電信(China Telecom)

SIMカード手続きをお手伝いします。(パスポート原本のご持参が必要です)

10:30 自動車

タクシーにて銀行へ移動

10:45 なし

【中国の銀行口座開設】

中国人民元の現地口座を開設します。日本語案内人は開設手続きにお手伝いします。(パスポートの原本をご持参ください)

12:00 なし

【電子マネー口座設定】

スマホにWechatとAlipayをインストールして、IDを取得しよう。(ID承認に必要のため、日本からクレジットカードも数種類をご持参ください。例:VISA、JCB、Masterなど)

不明な点があれば日本語案内人が指導します。

12:30 自動車

タクシーで昼食レストランへ移動

自分の電子マネー口座で初めてのタクシー運賃を払いましょう。

12:45 なし

【昼食】

ご希望のレストランに案内して、食事の間、日本語案内人とスマホで相互送金を練習します。

(食事代はお客様の電子マネー口座からお支払体験しよう。)

13:30 自転車

【電子マネーを使ってシェアサイクルを体験】

Wechatで話題のシェアサイクル「Mobike」を開栓してスーパーマーケットへ移動します。

14:00 なし

【中国ショッピング事情調査】

スーパーマーケットで中国買い物事情を調査する。

レジで電子マネーを運用する割合を確認する。

15:00 自動車

【ティータイム】

話題の巨大なスターバックスの新形態「スターバックス リザーブ ロースタリー」を見学。

日本語案内人が中国電子マネーのミニレクッチャーを行います。

16:00 自動車

【スマホの配車システムを体験】

Alipayで中国のウーバー(滴滴)でハイヤーを呼び出してホテルへ帰る。

17:00 なし

ホテル帰着。

お疲れ様でした。

ツアー料金

◎料金単位:お一人様の料金

料金カテゴリ 料金 予約
1名様利用 1,000元 予約
2名様利用 800元 予約
3-4名様利用 700元 予約
5名様以上利用 600元 予約
5名様以上利用 600元 予約
【料金に含まれる内容】
日本語案内人1名
【ご注意】
◎日本円は中国国内での換金レートによって計算しています。日本円をご希望の場合、レートの変動に伴い料金が変わる場合がありますので予めご了承下さい。
◎中国の祝日(春節:2月中旬、ゴールデンウィーク、国慶節、年末年始)は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。

基本情報

ツアー名 中国電子マネー事情調査体験ツアー
ツアーコード JPSHNOPT0205
催行日 原則として毎日
最小催行人数 1名
所要時間 約8時間
食事条件 無し
案内ガイド 日本語ガイドがアテントします
お申し込み期限 三日前
お申し込み条件 日本からSIMフリーのスマホ1台を携帯する
ポケットWIFIを携帯する
キャンセル条件 前日・・・50%
当日・・・100%
催行旅行社 チャイナエイト・トラベル・サービス

インフォメーション

※ 体験視察内容はご希望に応じて、対応可能

※ 空港から視察が始まる場合は、別途追加代金にて対応可能

※ 交通費用と食事代は別途現地清算となります。貸切車手配希望の場合は、お問合せください。

担当者から一言

なんで日本はAlipay、Wechatなどがないの!(╬゜◥益◤゜) (とある日本人友達の声)