観光地レポート プリント
孔子入周問礼楽至此碑
役立ち度:
(1票) 更新日:2013年02月25日

 「孔子入周問礼楽至此碑」は洛陽市内に位置し、昔ここは周の国の都であり、老子は王室の図書館の役人をしていたとされています。北の魯の国に住んでいた孔子が周の国に入り、老子と会って、孔子が老子に礼について質問したことになっていますが、ここが、その場所だとされていました。

 「孔子入周問礼楽至此碑」は洛陽城瀍(発音CHAN)河区東関大街東路の北側に位置し、孔子が33歳のころ、周の守蔵室(図書館)の書記官をしていた老子を訪ね、”礼”について問いかけた場所に、清初期の1772年に洛陽長官がこの碑を建てたそうです。老子はこのとき、孔子の考え方を厳しく批判したとかで、その後の儒家と道家の激しい争いの発端になったところです。

 孔子は西周の礼制に基づく徳治政治を説いた人で、洛陽とゆかりが深いはずですが、地図や観光案内で見る限り、このほかに孔子ゆかりの文物、例えば多くの都市にある孔廟も洛陽にはないか、あっても立派なものではないようです。なぜなのか、孔子に詳しい方はお分かりになるかも知れませんが。

  • 洛陽日帰りツアー
  • 禅宗少林音楽大典 完全送迎ツアー
  • 雲台山日帰りツアー
  • 開封日帰り観光
  • 洛陽定番観光 終日ツアー
  • 曹操の墓+殷墟博物苑 新発見の旅
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
河南の旅行会社
河南中州国際旅行社有限公司 河南中州国際旅行社有限公司
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール henan@china8.jp
メッセンジャー
お電話 (0371)5675-6336 日本語可
(受付時間:平日10:00~18:00)