中国の通貨・両替について - 基本情報|中国旅行のチャイナエイト
【現地ニュース】 2018年04月18日 海南観光のノービザ―滞在期限が30日に延長しました  
生活レポート プリント
中国の通貨・両替について
役立ち度:
(2票) 更新日:2013年01月28日

中国の通貨が人民元(人民幣)と言われてる。
中華人民共和国の通貨の基礎単位は元である(人民元・rmb)。アルファベットではrmbと表記する。iso 4217でのコードはcny。¥記号を用いる。

■通貨
中国の通貨が人民元(人民幣)と言われてる。
中華人民共和国の通貨の基礎単位は元である(人民元・rmb)。アルファベットではrmbと表記する。iso 4217でのコードはcny。¥記号を用いる。
1元=10角(0.1元) 
 紙幣 100元、50元、20元、10元、5元、2元、1元、5角、2角、1角
(分はほとんど流通していない)
 硬貨 1元、5角、1角、5分、2分、1分
(分はほとんど流通していない)
※また、分以下の単位は殆ど四捨五入となり、中国旅中におけるタクシーをご利用するの場合はメーター表示「角」の単位は四捨五入扱いが常識であります。物価の上昇で「分」単位の通貨を流通することが少なくなっているようです。


 

札:百元 イメージ(表)と(裏)
rmb100元
 
札:五十元 イメージ(表)と(裏)
  

札:二十元 イメージ(表)と(裏)

 
札:十元 イメージ(表)と(裏)
 
 
札:五元 イメージ(表)と(裏)
 
札:一元 イメージ(表)と(裏)


 

札:5角(0.5元) イメージ(表)と(裏)

札:1角(0.1元) イメージ(表)と(裏)


 

■両替
両替する前に
いなかに行ってしまうと、中国元に両替できるところが多くない、まだ、使い余った人民元が日本円
に両替戻すと手数料再びかかる。その為、必要となるお金を綿密に計算し、両替可能な中国元を換金
するの方が得策である。
日本で両替する時
長処
現地到着後すぐ行動できる、旅行先の通貨を持って安心できる。
短所
日本では中国国内で中国元を両替すると比べ、換金レートが中国より悪い、換金可能な金融機構が都市部
に集中している。取引額に制限が設けられているなどの不便な所がある。
日本では中国元を両替可能な金融機構
1、外貨両替を取り扱い銀行
日本国では三井住友銀行、りそな銀行、新生銀行が外貨両替を取り扱う。
2、外貨両替専門店
1トラべレックスジャンパン
2東京クレジットサービス ワールドカレンシーショップ
3、空港
1成田国際空港
2関西国際空港
3中部国際空港


 


中国で両替できる場所
中国で両替を扱っている金融機関は、中国銀行など外国為替業務取り扱いを指定された銀行、国際線
の発着がある空港、ホテルと国際旅行社が両替が出来る。
余った中国元について
 海外へ持ち出すことの出来る中国元の限度額は2万元(2007年現在のレートで約32万円)
となっているので、ご注意下さい。

  • ザリッツカールトンサンヤリゾート
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
海南の旅行会社
海南文化国際旅行社 海南文化国際旅行社
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール hainan@china8.jp
メッセンジャー
お電話 (0898) 6858-0103
(受付時間:平日10:00~18:00)