【現地ニュース】 2018年04月18日 海南観光のノービザ―滞在期限が30日に延長しました  
ホテルレポート プリント
インターコンチネンタルサンヤリゾートホテルレポート
役立ち度:
(1票) 更新日:2010年10月23日

2010年7月にオープンしたインターコンチネンタルリゾートホテルをレポートします。

こんちにはチャイナエイトです。今回は、2010年7月1日に海南島サンヤにオープンしたインターコンチネンタルホテルをお届けします。

 インターコンチネンタルサンヤリゾート

【日時:2010年7月20日】

【場所:中国 海南省 三亜(サンヤ) 小東海エリア】

インターコンチネンタルサンヤリゾートへは三亜空港から車で約30分。市内より約10分。鹿回頭公園の脇を抜けた小さなビーチエリアにあります。周辺はまだ開発途上で何もありません。唯一あるのが鹿回頭ゴルフ場。車で3分で行けます。

入り口

エントランスは開放的な作り。ここからではまだホテルの全体が見えてきません。

フロント

フロントはこんな感じ。ウェルカムドリンクは頂きましたが、おしぼりは言わないと出てきませんでした。パスポートを見せれば簡単にチェックインできます。デポジットはクレジットカードOKで500元でした。フロントには日本語の出来る人はいませんでしたが、セールス部に日本人の方がいるそうで、何かあれば連絡してくれるそうです。

 客室

このホテルは3つのエリアから出来ていて、1つは11階建てのデラックスルームが入っている建物で、その並びに、3階建てのクラブルーム専用のエリアと、ヴィラタイプの客室が入ったエリアがありました。今回利用したのは、一番グレードの低いデラックスタイプのお部屋。一番グレードが低いと言っても広さは60平方メートルあり、かなり広く感じました。

 バスルームからの眺め

このホテルの特徴の一つが全室オーシャンビュー。ほとんどのホテルは海側とその反対側に客室を設けていますが、このホテルは片方だけにしか客室がないので全室オーシャンビューになってます。この部屋は9階だったので、景色がすごくよかったです。バスルームはガラス張りで景色を楽しみながら入浴できます。もちろんブラインドが設置してあるのでプライバシーも安心。

 アメニティグッズ

アメニティグッズは一通り揃っているので心配要りません。

 ベランダのソファー

このホテルのも一つの特徴はベランダを大胆に使ってソファーを設置しているところでしょうか。眺めが良くて心地よいですが、昼間はあっついです。

 青空

ベランダからの眺め

ベランダからの眺め。左奥に見えるのが建設中の海上レストラン。期待していたのですが、まだ工事中でした。。。この海の右側には鹿回ゴルフ場、左側はサンゴ保護区を挟んで大東海ビーチになっています。では、外にでていろいろ見て回りましょう。

 ロングプール

プールは全部で3箇所ありました。1つはこの長方形のプールで長さは50m位あります。本格的に泳ぐにはここがいいですね。タオルはプールサイドで貸し出しています。浮き輪や遊具なんかもありました。

 プールその2

2つ目はホテル中央にあるプールで、子供用のエリアや、バスケットリング、プールバーなどあります。 3つ目はクラブルーム専用のプールになっています。

 プールサイド

プールサイドには十分なパラソルが設置されてあるので、場所の取り合いはまずないでしょう。

 ゲームルーム

ここはゲームルームで、最新のコンピュータゲームや卓球、ビリーヤードなどが楽しめます。本格的な格好をしてテニスゲームをやる二人。。。モデルじゃないですよ。

ビーチサイドバー

ビーチサイドにひときわ目立つ建物がありました。なんだか虫の巣みたい。椅子がくるくる回るので太陽に位置にあわせて日陰を作れるんですね。

 ビーチサイドバー

アジアンヴィレッジレストラン

この日、オープンしていたのは、このビーチ際にあるアジアンヴィレッジレストランと、西洋料理レストランの2箇所でした。昼は日差しが少々きついですが、夕方には心地よい海風が吹いていい感じのレストランでした。

 テニスコート

ナイター設備付きのテニスコート。

 キッズクラブ

テニスコートとキッズクラブ、あとフィットネスジムはホテルの後ろ側(ビーチと反対)にあって、わかりずらいので、いく場合は案内してもらった方がいいです。

 スパルーム

スパルームもお邪魔しちゃいました。スパルームはクラブエリアの1階にあります。壁に炭が敷き詰められていてリラックス効果があるそうです。

 ビーチ

遊泳可能なエリアのビーチです。サンゴ保護区の側とあって、海の中はサンゴが多いです。泳ぐ場合はサンダルを履いて泳いだほうが安全です。泳げるエリアも狭く、ビーチはちょっと残念な感じでした。

 ビーチバレーコート

グリーン

ここは西洋料理レストランなどが入った建物の屋上なのですが、いろいろな植物が植えられています。なんでも、このホテルはgreenをテーマにしているそうで、ここだけではなく、クラブエリアとヴィラエリアの屋上にも同じように緑で埋め尽くされています。多分、もう少ししたら、花が咲いたり、もっと綺麗になると思います。

 夜のホテル

夜は明かりが少なく真っ暗。もっとライトアップの演出をしてくれたらいいのにな~。

 夜の虫の巣

昼間みた虫の巣・・・ビーチサイドバーの夜は結構いい感じのナイトバー。

 夜のプール

プールは夜10時まで利用できます。

 朝食

では、待望の朝食タイムです。料理は和、洋、中ありとっても豊富。味も外国っぽい癖が無くておいしい。クラブゲストやヴィラゲストは専用のレストランを使うので混まないとのこと。でも早めに行って沢山の料理をゆっくり楽しみたい。

sushi

サラダ

新鮮野菜ジュース

オープンキッチン

中央はオープンキッチンになっていて、面料理を作ったり、目玉焼きを焼いたり、ここではクレープのような料理を作ってました。

 出来上がり

はい。出来上がり。おいしくて3往復してしまいました。やっぱり朝食は朝早く行ってゆっくり食べるのがいいですね。今回訪れた日の3日前に台風が三亜を直撃したそうで、あちらこちらに木々が散乱していました。まあ台風が直撃するのは年に1回あるか無いかなので大丈夫だとおもいます。それより、まだ半分くらいしかホテルが完成していなかったのが残念。ホテルのスタッフに全部完成するのはいつくらいですか?と聞いたところ、今年の12月頃だと言ってました。まぁ恐らく来年の2月ごろにずれ込むと思いますが。せっかくいいホテルなのに、建設中のホテルに泊まらされると、評判が落ちると思うんだけど。。。基本にいいホテルなので、来年に期待です!

  • ザリッツカールトンサンヤリゾート
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
海南の旅行会社
海南文化国際旅行社 海南文化国際旅行社
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール hainan@china8.jp
お電話 +86-139-0759-8366
(受付時間:平日10:00~18:00)