【お知らせ】 2015年06月15日 ホテル予約システムはリニューアルしました  
生活レポート プリント
「母の日」に 初めての感謝を記す
役立ち度:
(14票) 更新日:2014年10月19日

私は、今まで母に何かと世話になりっ放しで、心の内で感謝しつつも、改まって面と向かって、感謝の言葉を口にしたことは有りませんでした。

昨年結婚し、私もそう遠くない未来に親になることと思います。
30歳を目前にした現在、一度けじめを付ける意味で、母親への感謝を記して伝えたいと思います。

ニ−ハオ!ようこそ~チャイナエイトへ~!

文化大革命の直前地方の農村で、母は姉兄弟妹に挟まれた真中の5人兄弟姉妹の一人として生まれました。

当時の中国は都市部も含め全土が貧しい時代でした。

その中でも、農村は極端な貧しさでした。

 

小学生時代の年令が文化大革命の大混乱の10年間と重なり、学校そのものがまともに開かれていなかったことと、貧乏であったが故に、小学校も満足に卒業していません。

当時、この年代の多くの人々がこの様な状況でした。

 

母は18・9歳頃、家から離れ現金収入を求め村から出て桂林市内の工場で、レンガ運びの仕事に就きました。

その時期に、工場の職員であった父と出会い結婚しました。

 

私は、改革開放経済が始まった3・4年後に、一人息子として生まれました。

当時の社会主義中国は、改革開放が始まっていたと言え、それは南方の限られた経済特区で試みられいたにすぎず、全国的に恩恵を受けられるには程遠いものでした。

地方の小さな工場での福祉は不十分で、乳呑み児を抱えての工場仕事は続けられませんでした。

それで、幼い私を伴ってもできる露店での果物売りの仕事を始めました。

 

果物売りの仕事はとても朝が早く、午前3時に起き卸市場へ行かないと、他の人に良い商品(果物)を取られてしまい、余り良くない中から選ばないといけないことになってしまいます。

その頃の母の睡眠時間は4・5時間ぐらいで、夜も遅くまで働いていました。

 

私が成長し働きだしてからは、家の負担も少し軽くなり、販売量を減らし昼過ぎには売り切るようにして、仕事を切り上げ家に戻るようになりました。

 

父は1989年、友達と桂林で山水画を大量に仕入れ、北京へ売りに行きました。

しかし、天安門事件に遭遇し、全く売れず大損しました。

結局、2年間ほど掛って、母が果物売りを頑張り、その借金を返済しました。

父はその後、やる気を無くし数年間に渡り仕事をせず、時々母の手伝いをする生活を続けていました。

 

果物売りを続けながら、私を育て学校に通う私の世話をし、父が店番を替った時に家へ戻り料理を作りと、フル回転の働き詰めでした。

母は我が家の大黒柱でもありました。

 

子供の頃、近所の友が自転車を買って貰い乗り回していました。

私も欲しく、母にねだりました。しかし、母は買ってくれず、怒った私はご飯を食べず、宿題もやらずと拗ねていました。

父がこのことを知り、母と喧嘩し、母を殴りました。私は傍で、ただ泣いていました……

 

少し大きくなると、その時の家の経済は、とても厳しい状態であっただろうと容易に理解できます。

少年時代の、今も胸の中にトゲのように残る思い出です。

 

母は、身長160センチで、少し太りぎみの大柄な体格です。年令は50歳です。

約30年続けている果物売りを、今も元気に商っています。

働き続けて私を育ててくれた母も、髪に白いものが少し混じるようになってきました。

 

母は無欲な人間で、お金・服装・食べ物に執着しません。

 

その母にも、一つのささやかな夢があります。

 

それは、一生で一度、首都北京へ行き、天安門広場と万里の長城に立ちたいとの望みです。

 

我が家の太陽である母の、このささやかな夢は、近い将来きっと適えて上げたいと考えています。

 

お母さん、 家族のために長い間一生懸命働いてくれてありがとう。

これからも元気に長生きして下さい。  謝謝! 息子より

  • 秘境貴州の少数民族と観光聖地の桂林 8日間
  • 人気度ランキング1の桂林・陽朔・龍脊棚田3日間
  • 資江下りと八角寨ウォーキング終日ツアー
  • 三江風雨橋とトン族の村日帰りツアー
  • 麗しの桂林・ウエディングドレス撮影&桂林・陽朔・棚田観光
  • 龍脊棚田とヤォ族長髪の日帰りツアー
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
桂林の旅行会社
桂林江山国際旅行社 桂林江山国際旅行社
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール guilin@china8.jp
メッセンジャー
お電話 (0773) 5808752
(受付時間:平日10:00~18:00)