【現地ニュース】 2017年07月09日 【お祝い】アモイコロンス島が世界遺産登録へ  
世界遺産
  • 1泊2日
  • 世界遺産
プリント
南靖・永定洪坑・高北・初渓 4箇所の土楼を巡る旅
注目度:
(1票) 満足度:
(0件) 更新日:2015年01月29日

福建土楼は、初渓土楼群、田螺坑土楼群、河坑土楼群、高北土楼群、華安県の大地土楼群、洪坑 土楼群、衍香 楼、懐遠楼、振福楼、和貴楼など、46を数える。これらは2008年、福建の土楼として、ユネスコの世界遺産に登録された。「生活と防衛を集団で行う組織の、特徴的な伝統的建築と機能の例として、またその環境と調和したあり方に関して」優れた点が認められたのである。世界遺産の福建土楼の一番見る価値のあるものを集中的にご案内します。

スケジュール

日程 スケジュール内容 宿泊 食事
1日目
08:30 【お出迎え】
ご宿泊のホテルまでお出迎えに上がります。アモイ永定県(約3時間)
11:30 【昼食】
12:30 【洪坑土楼群】見学(約2時間)
洪坑土楼群は永定県湖杭鎮洪杭村に位置します。福建土楼の中に風格一番多い土楼群です。振成楼や最小の如昇楼や長方形の福興楼などの土楼で構成せれる。
【振成楼】
「土楼王子」と呼ばれている。1912年、裕福なタバコ販売業者の子孫により建てられた。中国と西洋の融合された振成楼は同心二重円状の土楼で、外側の土楼は、中国風水の八卦に従って、4つに区分されている。
14:30 洪坑土楼群初渓土楼群(約1時間)
15:30 【初渓土楼群】見学(約1時間半)
初渓土楼群は、永定県下洋鎮の初渓村にある。【集慶楼】は、この土楼群の中で最古最大の円形土楼で、1419年、明の永楽帝代に建てられた。【善慶楼】壁は白いです。
  
17:00 【夕食】
夕食後、自由行動
初渓または永定 朝:---
昼:農家料理
夜:農家料理
2日目
8:00 土楼自由見学
9:00 ホテル高北土楼群
10:00 【高北土楼群】を到着後、【承啓楼】見学(約30分)
高北土楼群は永定県高陂鎮高頭村にある。承啓楼は有名です。
【承啓楼】1709年の建築で、の高北土楼群に属し、「土楼の王」と呼ばれる。
大きな円形土楼が4つ同心円状に並び、中央には祖廟が位置する。江家15代めの57家族300余人が現在もここに住む。全盛期には、一族80家族以上が承啓楼に住んでいたこともある。
10:30 高北土楼群南靖県(約40分)
11:10 南靖県到着後、グリーンバスに乗り換え、田螺坑土楼群へ(約20分)
11:30 昼食
12:30 【田螺坑土楼群】見学(約30分)
田螺坑土楼群は、福建省漳州市南靖県書洋鎮の田螺坑村にある。田螺坑土楼群は5つの土楼から成り、中央に方形の歩雲楼、その周囲に3つの丸い土楼と楕円形の文昌土楼との「四菜一湯」で構成されている。
15:00 【帰路】
田螺坑土楼群厦門へ。(約3時間)
18:00 【お見送り】
ご宿泊のホテルまでお見送り。ごゆっくりお休み下さい。
 
★★★ お疲れ様でした。 ★★★
--- 朝:---
昼:農家料理
夜:---

ツアー料金

◎料金単位:料金は1名様分です。

料金カテゴリ 料金 予約
2名様以上でのご利用 2,700元 予約
2名様以上でのご利用春節(2/18~26) 3,200元 予約
【料金に含まれる内容】
車代(車体費、運転手費、ガソリン代を含む)、日本語ガイド費用、各観光入場料、昼食代
【ご注意】
◎日本円は中国国内での換金レートによって計算しています。日本円をご希望の場合、レートの変動に伴い料金が変わる場合がありますので予めご了承下さい。
◎中国の祝日(春節:2月中旬、ゴールデンウィーク、国慶節、年末年始)は料金が変動する場合がありますのでお問合せ下さい。

基本情報

ツアー名 南靖・永定洪坑・高北・初渓 4箇所の土楼を巡る旅
ツアーコード JPFUJPKG0011
出発/解散 アモイ/アモイ
利用ホテル 土楼内
催行日 原則として毎日
最小催行人数 2名様より
食事条件 昼食2回、夕食1回
案内ガイド 日本語ガイド対応いたします。
お申し込み期限 前日まで受付します。
(ただし、数に限りがございますので、なるべく早めにお申込ください。)
お申し込み条件 特になし
キャンセル条件 キャンセル料金】
ツアー当日:旅行代金全額
ツアー前日:旅行代金の50%
※ピーク時の条件はお問合せ下さい
催行旅行社 厦門厦旅国際旅行社有限公司