【現地ニュース】 2017年08月22日 「復興号」中国高速鉄道は北京ー天津に運営開始  
その他レポート プリント
故宮の屋根に隠している秘密、99%の北京人は知らない!
役立ち度:
(4票) 更新日:2016年10月19日

故宮には沢山の宮殿があります、皆さんはその屋根に気づきたことある?故宮の屋根はそれぞれ違います、そしていろんな秘密が隠れています、ちょっと難しいが、分かればとっても面白いですよ~

廡殿頂(ぶてんちょう)

代表建築:太和殿

廡殿頂(ぶてんちょう)は中国古代建築の屋根の中では一番レベル高い屋根です、明清時代は皇帝と孔子の殿堂しか使えないが、福建では海からの強い風を防ぐ為、一部の建築も廡殿頂を使っている。

廡殿頂には「重檐廡殿頂ちょうえんぶでんちょう」があります、一般の廡殿頂よりレベル高い、写真のように屋根が重なっている。

廡殿頂は一本の正脊(大棟)と四本の垂脊(棟)によって組み合う、よって「五脊殿」や「四阿頂」とも呼ばれている。

 

歇山頂(けつさんちょう)

代表建築:太和門、東西六宮

「歇山頂」とは、別名「九脊殿」とも呼ばれ、大棟があってその下に棟があって、更にその下に四方に出る棟がある。

日本では入母屋造(いりもやづくり)と呼ばれています。

歇山頂が利用する時間は廡殿頂より遅い、レベル上にも廡殿頂より低い。

歇山頂にも「重檐」があります、「重檐歇山頂ちょうえんけつさんちょう」と言います。

 

硬山頂(硬山式屋根)

代表建築:内閣大堂、麗景軒

硬山式屋根が1本の大棟と四条垂脊。この屋根の造型の最大の特徴は比較的に簡単で、質素で、前後両面坂。

硬山式の屋根は一種のレベルが低い屋根形式、ロイヤル建築といくつかの大寺院建築の中で、ほとんど硬山式屋根。

 

卷棚頂(卷棚式屋根

代表建築:休元殿後抱厦

巻棚頂はまた「元宝頂」と呼ばれている、明らかな大棟はありません。

巻棚頂は庭園、宦官と傭人たちが住む場所ではよく使われている。

 

攢尖頂(攢尖式屋根)

代表建築:中和殿、万春亭

大棟無し、垂脊だけの屋根です。ビル、閣、亭や塔などに使われている。脊椎の数によって、三角攢尖頂、四角攢尖頂、六角攢尖頂、八角攢尖頂などの種類があります。

写真にあるのが四角攢尖頂。

 

盝頂(盝式屋根)

代表建築:欽安殿

盝顶は1種の比較的に特別の屋根。上部を四本の棟で組み合う平面、その下は単檐廡殿頂(たんえんぶでんちょう)。盝頂は古代の宮殿の建物の中では極めて珍しい大型。

故宮の欽安殿が代表的な盝頂。

 

故宮屋根のレベル

1、重檐廡殿頂

2、重檐歇山頂

3、単檐廡殿頂

4、単檐歇山頂

5、硬山頂

6、卷棚頂

レベル無し:攢尖頂、盝顶

 

<<関連ツアー>>

ラストエンペラーゆかりの宮殿を訪ねる終日ツアー<昼食付き>

北京市内終日観光 【3つの世界遺産】

初めての北京 故宮+万里の長城+鳥の巣 終日ツアー

  • S2列車で行く 八達嶺長城日帰りツアー
  • 超接近!パンダ特別観光~北京動物園と当社のオリジナル特別企画!
  • 自由組合せ!選べるディナー+エンタテイメント(送迎付き)
  • ラストエンペラーゆかりの宮殿を訪ねる終日ツアー
各詳細ページのクリップをクリックすると最大10件登録できます。
北京の旅行会社
北京美途之旅国際旅行社有限公司 北京美途之旅国際旅行社有限公司
フォームメール 24時間受付フォームメール
電子メール beijing@china8.jp
メッセンジャー
お電話 178-9889-8897
(受付時間:平日10:00~18:00)